トップ | 日本革工芸展の応募要項 | ひと目でわかる応募の流れ | 過去の受賞作品 | 会員の活動 | イベント | 日本革工芸会とは? | 問い合わせ



日本革工芸展 /logolist01

■ 開催について

■ 作品について

■ 応募方法について

■ 受賞について

■ 提出場所/返却場所

第35回 日本革工芸展の応募要項

工芸展の開催について

会期
平成 29年 11月 23日(木)〜11月 26日(日)
場所
東京芸術劇場展示ギャラリー(東京都豊島区西池袋1-8-1)
>>googlemapで確認する
主催
日本革工芸会 ・ 社団法人日本皮革産業連合会
後援
経済産業省 ・ 文化庁 ・ 東京都
協賛
全国皮革振興会 ・ 日本皮革手工芸材料協会
出品申込書
>>出品申込書をダウンロードする  >>出品申込書の記入例  
               
資料請求問い合わせ
日本革工芸会  info@japan-leather.com

応募作品について

応募作品の概要

応募作品は、公募展等に応募されていないものに限ります。
類似作品であることが判明した場合、審査発表の後であっても入選を取り消します。

資格
制限なし
規定
革を主たる素材とした作品で、自己の創作したものに限る
重さ・大きさ
重さ...30Kg程度まで。大きさ...180×150cm以内
形態
作品は服飾類から室内装飾的なもの、空間を満たす造形など、形態は自由

作品の部門

平面
額装(ガラス不可)、パネル、タピストリー、鏡、その他
立体
オブジェ、インテリア、人形、その他
服飾
ハンドバッグ、革服、カバン、その他

▲ページのいちばん先頭へ

応募方法について

応募にかかる料金

一般
15,000円(1点につき)
学生
7,000円 (1点につき)

※現金書留、または作品提出の際ご持参ください。
現金書留先:〒123-0862東京都足立区皿沼2-20-11(有)銀彩堂TEL03-5647-9107

作品の提出

作品は額装(ガラス不可)、その他の展示可能な装置をつけてください。
また、作品の裏面右上に所定の出品票をお貼りください。
提出方法は「直接、指定された日時に提出」「送付で提出」の2種類になります。

■「直接、指定された日時」に提出の方へ

平成 29年 10月 2日(月)午前 10時~午後4時
東京鞄会館に作品を提出・出品申込書をご持参ください。

※1日限りとなっていますので、ご無理な方は送付してください。

■「郵送で提出」の方へ

平成29年 9月 28日(木)までに、作品と出品申込書を、銀彩堂へお送りください。

作品の返却

審査の結果により、入選作品、落選作品が決まります。それぞれの返却日時は、異なりますので、予めご了承ください。

■入選の方へ

日本革工芸展、開催最終日 平成 29年 11月 26日(日) 午後5時より、返却します。

■選外の方へ

平成 29年 10月 15日(日)午前10時~午後4時まで、銀彩堂にて返却します。

指定の日時に取りに来れない方へ
直接取りに行きたい

銀彩堂に保管をします。保管料を各自でご負担いただきます。予めご了承ください。

返送を希望する

銀彩堂に「荷造り」「発送手配」を委託します。
荷造りの代金目安:3000円~10,000円
運賃:着払い

▲ページのいちばん先頭へ

受賞について

受賞

日本革工芸大賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞、日本革工芸会賞、経済産業省製造産業局長賞、東京都産業労働局長賞、日本皮革産業連合会会長賞、全国皮革振興会会長賞、日本皮革手工芸材料協会会長賞、新人賞などの賞が授与されます。また、入選者は、日本革工芸展に展示されます。
受賞者は、郵送にて通知します。

審査員

一條 厚
工業デザイナー
猪俣伊治郎
日展会員
関根正文
金属造形作家
舘鼻則孝
アーティスト
彦坂和子
日本革工芸会
大竹正博
日本革工芸会
加藤由美子
日本革工芸会

▲ページのいちばん先頭へ

提出場所/返却場所

提出場所・東京鞄会館

東京都台東区蔵前4-16-3
TEL03-3862-3511


落選作品返却場所・(有)銀彩堂

〒123-0862東京都足立区皿沼2-20-11
TEL03-5647-9107/FAX03-5647-9108
詳しい地図は通知書に同封します

  • ■アクセス
  • 日暮里・舎人ライナー「谷在家駅」「舎人公園駅」徒歩10分

▲ページのいちばん先頭へ