虚偽の報告をして辛い目に遭うのは自分

017

消費者金融などのフリーローンはマイカーローンや住宅ローンなどのように特に目的を決める必要もなくお金を融資してもらうことが出来るとても便利なローンです。予想外の出費が発生した時や欲しいものを今すぐ買いたいけどお金が足りない時などにすぐにお金を融資してもらうことが出来ます。

しかし、お金を借りたい、融資して欲しい人すべてがお金を借りることが出来るわけではありません。お金を融資してもらうためには申し込みの際に消費者金融側からの審査を受けて合格する必要があります。基本的には正社員で安定した収入がある人や現在多額の借金をしていない人など、返済能力が十分にある人が審査に通りやすい傾向にあります。

中にはどうしてもお金を借りたいけど、アルバイトで安定した収入が無いという人やたくさんお金を借りたいけど他に借金をしているという人も存在するでしょう。そういった場合についつい魔が指して審査の際の個人情報に嘘の記載をすることもあるかもしれません。

しかし、嘘の記述をすると後々苦しい思いをするのは自分自身なので、嘘の記載は絶対にしないようにしましょう。嘘はバレないだろうと思っているかもしれませんが、消費者金融はそこまで簡単に騙せるような所ではありません。まず、本人情報に関して虚偽の情報が通ることはほぼ不可能だと思ってよいでしょう。

審査の際には住民票などの提出は不要ですが。運転免許証の提出は必要です。運転免許証を調べれば虚偽の報告をしているかどうかがすぐにわかります。もし虚偽の報告をしていると分かればその時点で不合格となります。

また、嘘ではありませんが引越してすぐの時など、運転免許証の住所変更が行われていないままだと本人の在籍確認が出来ないため不合格になります。引越してすぐの時に消費者金融を利用する時は注意しましょう。

年収と連絡先で虚偽の報告をした場合

036

先ほど審査に合格しやすい人は一定以上の年収がある人と書きました。お金を融資する側が審査で最も重要視しているのは、お金を融資した人が滞納などをすることなく、借りたお金をきちんと返済できる財力があるかどうかです。

そして、現在フリーローンでお金を借りる場合には総量規制という法律が存在します。この法律によって年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないようになっているのです。

そのため、元々収入が少ない人や、既に他の金融機関などからお金を借入している人はたくさんお金を借りようと、申し込みの時についつい年収の報告をする際に虚偽の報告をする人が実際に存在します。

しかし、年収で虚偽の報告をしても彼らはお金に関するプロですから、あまりにも年齢にそぐわないほど年収が多い報告をしている場合は絶対にばれます。もともと50万円を超えるお金を融資してもらう際には収入を証明する書類が必要なので嘘をつくこと自体が不可能です。

また、身の丈に合わないお金を借りることが仮にできたとしても困るのは自分自身です。収入の虚偽の報告は止めましょう。また、お金を借りているK十w周りに知られたくないからと、連絡先、つまり自分が勤めている場所で虚偽の申告をする人も中には居ます。

しかし、連絡先で虚偽の申告をしても必ずバレます。なぜかというと、お金を融資する側は記載されている連絡先が本当かどうか必ず在籍確認をするからです。

利用者がお金を借りているようなことが分からないように確認はしますが、もし在籍していないことが分かれば即座に虚偽の報告をしているとみなされます。年収の虚偽の報告、連絡先の虚偽の報告、いずれも発覚した時点で即刻審査は不合格になります。

融資後に虚偽が発覚したら契約解除される

097445

また、審査の際に不利になるのが、他の金融機関などから既に借り入れをしている場合です。これは既に借金をしている人がさらにお金を借りて返済できる可能性が極めて少ないことからもわかるのではないでしょうか。特に3社以上から借り入れをしている場合にはほぼ確実に審査には合格できません。

そのことを知っている人はついつ他社の借り入れや借り入れの金額に関して虚偽の報告をしてしまいそうになります。

しかし、これら他社の借り入れや借入残高の嘘は確実にばれます。金融機関側あh信用情報機関という金融機関同士が共通して閲覧することが出来る個人情報を持っています。信用情報機関にはその人が過去に何処から、どれくらいお金を借りて、いつ返済したのかが全て書かれています。

信用情報機関をチェックすればその人がどこからお金を借りて、借金がどれくらい残っているかはすぐに分かります。

ですから、他社借り入れや借入残高で虚偽の報告が通ることは100パーセントありません。もしも虚偽の報告が分かればこの場合もその時点で即不合格となります。しかし、まれにこれらのチェックを全てかいくぐって虚偽の申し込みで合格することがあります。

合格さえすればペナルティは無いのかというと、そんなことはありません。審査に合格し、実際にお金を融資してもらったとしても虚偽の報告が分かればペナルティを課せられます。もしも契約後に何らかの虚偽の報告が発覚した場合、借入しているお金を全額一括で支払わなければいけなくなります。

何故かというと、ローンの契約は審査に記載されている情報に基づいておこなわれているわけですから、虚偽の報告をしているという事は記載されている情報とは違うものとなります。一つでも記載されている情報と違えばローンの契約は成立しない、つまり契約解除されるため一括での支払いを求められるわけです。